ガラス製の窓を交換することは防犯対策に繋がりうる

mado_glass
よく新聞やニュースなんかで、空き巣が窓から侵入したところ家人と出くわし居直り強盗となってしまったとか、ストーカーが窓から侵入して被害者に危害を加えるとか、物騒な話を聞くたびに、そんな奴らに狙われたら最後、防ぎようがないじゃないのと絶望的な気持ちになる。実際被害にあった人たちだって、みんながみんな不用心だったわけではないだろうから、私を含め誰にだって起こりうることだ。だからこそ、もし自分がターゲットにされた場合を具体的に想像して、今何ができるのかを考えることが重要だと思う。

空き巣被害の7割が窓から侵入されるのだそうだ。大きな窓だけでなく、トイレや風呂などの換気目的の小さい窓からでも侵入可能だから、戸締りをしっかりしていても油断はできない。

またうちの窓は格子をつけているから大丈夫と思っている人もいるかもしれないけれど、格子は外側から簡単に外せるので、あまりあてにはならないだろう。

ではどうしたらいいのだろうか。普通のガラス製の窓では、まず防犯にはならない。だが、ガラス製の窓を防犯用のそれに交換することは十分防犯対策に繋がりうる。経済的に少し痛いかもしれないけれど、被害にあったときの損害を考えれば安いものだし、何より精神的な安心を得られると思えば、決して高い買い物ではないだろう。