ガラスも経年劣化をするなんて知らなかった

old_window
ガラスも経年劣化をするなんて知らなかったのですが、アルカリ溶出という現象で、ガラスに含まれているアルカリ性分がガラスの表面に出てくるようになるそうです。こうしたガラスの現象は、経年劣化の一種になるのかもしれませんが、ガラスの曇りに関しては布で拭くだけで綺麗になるそうです。

それに対して、アルカリ性分が含まれていない無アルカリガラスと呼ばれるガラスの場合には、ガラスが曇る原因でもあるアルカリ成分が含まれていないのだそうです。こうしたガラスは、液晶テレビに使われているガラスがそうした無アルカリガラスになっているようです。とくにテレビの液晶などは、アルカリ成分と反応すると成分が変質してしまうのだそうです。従って、液晶テレビに使われるガラスにはアルカリ成分の含まれていないガラスを使用することが常識となっているようです。ところで、今使っているパソコンのディスプレイは、ガラスではなくプラスチック製のようにも思われます。 

その他にも、ガラスの日焼けという経年劣化の一種に相当する現象があるようです。太陽光線には紫外線が含まれているので、その影響でガラスに含まれている成分が化学反応を引き起こしてしまい、無色であるハズのガラスが着色されたりしてしまう現象が起こるそうです。こうしたガラス特有の現象というのは、最近流行している魚釣りに使う偏光グラスにも応用されています。

最近の偏光グラスの場合には、色調偏光グラスというものも販売されるようになってきています。従来からの偏光グラスの場合には、どんなに紫外線が強くなっても偏光グラスの表面の色自体は変わらなかったのですが、色調偏光付きの偏光グラスはもっと進歩しているのです。紫外線が強くなると表面の色が濃くなり、紫外線が弱くなると薄くなるのです。従来の偏光グラスよりも多少割高になってしまうのですが、今度その色調が変わる偏光グラスを購入しようと思っています。